ピンチを切り抜ける資金繰りの方法

バナー

ピンチを切り抜ける資金繰りの方法

経営者が常に考えているのは、資金繰りです。

悪化をすると倒産することになるので、悪化しないように細心の注意を払って経営しています。



しかし、どれだけ注意を払っても、悪化するときは一気に悪化します。企業を取り巻く状況は自分の意思に関係なく、周囲の変化で一気に悪化することもあるので、常に先を読みながら経営する必要があります。資金繰りが悪化したときには、銀行などに融資をお願いするのが一般的です。


しかし一気に悪化している場合、時間がかかる銀行の融資では対応することはできません。



特に体力のない中小企業の場合には、時間的な余裕がないことはほとんどです。

こうしたときに頼りになるのは、消費者金融などのキャッシングです。



キャッシングは少額融資といったイメージはありますが、1,000万円ほど借りることができるキャッシングもあります。

消費者金融から融資を受けたお金は事業資金としても使えますし、銀行よりも速いスピードで融資をしてくれるので資金繰りのピンチを脱出できるでしょう。

しかしキャッシングの金利は、銀行などの融資に比べると高いです。ですからピンチを脱出したら、改めて銀行から融資を受けてキャッシングの返済をしましょう。

こうしておくと、残ったのは金利の低い銀行の融資だけです。

余裕を持って返済できるようになりますから、今後の資金繰りに与える影響は少なくなります。

資金繰りのピンチを切り抜ける方法には、この様な方法もあります。




Copyright (C) 2014 ピンチを切り抜ける資金繰りの方法 All Rights Reserved.